Happyの泉

ジャニーズWESTの小瀧望くんが大すきです

ジャニヲタになったきっかけ

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

面白そうなお題があったので私も過去を振り返ってみようかと思います。ジャニヲタ歴15年弱、現在小瀧担の私がジャニヲタになったきっかけ。

 

・8時だJとスーパーアイドル相葉ちゃん

ジャニーズに興味を持った一番古い記憶は小学生の頃に放送されていた「8時だJ」です。今ググってみると1998年〜1999年放送だったそうですね。私は小学校3年〜4年生くらいの時期になります。たまたまテレビがそのチャンネルだったからなのか、友達がみんな見ていたから面白そうで自分も見始めたのか、その辺りの記憶は曖昧なのですが、一度ハマってからというもの毎週欠かさずに見ていました。当時番組に出演している中での一番のお気に入りJr.がいたのですが、私がハマってから間もなく不祥事で事務所を去って行きました。幼かった私には担当になるという感覚は無く、好きだった人が突然いなくなって寂しいな…くらいの気持ちだったので、すぐに次のお気に入りJr.を見つけました。「スーパーアイドル相葉ちゃん」との愛称で呼ばれていた相葉さんです。まあテレビを見る程度で。しかも地方民だったので見ることが出来る番組も限られていました。レンタルビデオ店で何度も未満都市のビデオを借りて妹と見まくっていました。懐かしいなあ未満都市。大好きでした。

 

・THE夜もヒッパレと屋良さん

ちょうどそれと同時期くらいでしょうか。「THE夜もヒッパレという番組が大好きでたまに夜更かしをして見ていたのですが、突然ハマってしまいました。MAとして出演していた屋良朝幸さんに。ダンスがキレッキレなのがかっこよくてビデオに録画しては何度も何度も繰り返し見ていた記憶があります。私のジャニヲタとしての行動はこの頃から始まっていたのかも。誰かのバックで踊る屋良さんをひたすら追っていました。

 

・嵐デビューと大野さんとの出会い

相葉ちゃんかっこいい、屋良さんかっこいい、とは言いつつもテレビを見るだけで満足し授業中ノートに”相葉ちゃん♡”みたいな落書きをするだけで楽しかった日々を過ごしていたところ、突然嵐がデビューしました。8時だJでもメインで映っていた4人と、あと一人誰?…というのが大野さんの初めての印象でした。そのよく分からない一人が異常に歌が上手い。バレーボールのサポーターとなった嵐はテレビ番組に沢山出演し、地方の我が家でも見る事が出来ました。そして歌声とキャラクターに惹かれ、大野さんを好きになりました。相葉ちゃんや屋良さんはファンという感覚ですが、大野さんは初めて担当という意識を持って応援した人かなと思っています。大野さんが出ている雑誌を買ったり、「ザ・少年倶楽部」を毎週録画したり(当時の番組タイトルが大野さんの書いた字だというところから少クラを知りました)、初めてファンクラブに入ったり、大阪城ホールまでコンサートを見に行ったり、ジャニーズショップに行ったり、「センゴクプー」という舞台を観に行ったり。もちろん初めて団扇を作ったのも大野さんです。当時中学生だった私はもちろん金銭的に今のように好き放題ジャニヲタをするわけにはいきませんでしたが、父が協力的でコンサートの送り迎えやCDを購入してくれたり、ビデオのダビングの仕方などを教えてくれたりしていました。今から思うとめちゃくちゃありがたいことですね。こんな歳になっても未だにジャニヲタしてるって分かってたらこんなに協力的じゃなかったのかな…(遠い目)

大野担になってから初めて、ジャニヲタの友達が出来ました。学校や習い事での友達とはまた違う関係。当時流行っていた掲示板かな?おそらくそこでやり取りをして、メールの交換をして、地元が近くだと分かって遊びに行った記憶があります。ジャニヲタのお友達が出来てからますます大野担でいることが楽しくなったし、ヲタクに拍車がかかったように思います。やっぱり共感出来る人がいると楽しいもんね。ちなみに当時初めて仲良くなった相葉担さんとは今でも連絡を取り合っています。長い付き合いですね。

 

それから紆余曲折あり、担降りを繰り返して現在は小瀧望くんの担当となっております。(紆余曲折担降り話しはまたいつか)3年程ヲタ卒していた時期もありましたが、やっぱりジャニヲタ楽しい。以上、私がジャニヲタになったきっかけでした。